プラセンタ注射の持続時間はどれくらい?

プラセンタ注射の持続時間はどれくらい?

.

プラセンタ注射の持続時間は短い?

プラセンタ注射

プラセンタ注射を1回注入した際の持続時間は2〜3日と言われています。そのため、最初の1ヵ月は効果を持続させるためには、週に2回程度のプラセンタ注射が必要とされています。その後1ヵ月も経つとプラセンタ注射の効果の持続時間が延びてくるようになるので、2ヵ月目からは週に1回程度、さらに2週間に1回と間隔を空けて注入するだけで効果が持続するようになります。プラセンタ注射は細胞に働きかけるので、注射を継続していくたびに細胞が若返り、肌本来の機能が正常に働くようになります。その結果、プラセンタ注射の持続時間が長くなっていくのです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


プラセンタ注射は筋肉注射の方が持続時間が長い?

皮下注射

プラセンタ注射は主に筋肉注射、もしくは皮下注射で行われます。筋肉層に注入する筋肉注射と皮下組織に注入する皮下注射では、筋肉注射の方がプラセンタの吸収速度が速く、効果の持続時間が長いと言われています。皮下組織よりも筋肉層の方が毛細血管も多く、プラセンタの吸収も速やかで血中濃度が徐々に上がっていきます。プラセンタの量も比較的多く投与することが可能とされています。このような理由から、皮下注射よりも筋肉注射の方が、比較的効果の持続時間が長いのです。ただし、筋肉注射の方が痛みが強いと感じる場合もあるので、施術を受ける医療機関で相談してみましょう。


ページのトップへ ▲

プラセンタ注射の持続時間を長くするには?

スキンケア

プラセンタ注射の効果を持続させるには、最初の1回は2週間に1回、その後は1週間に1回…と定期的に注入することが理想ですが、料金的に難しいという場合もありますね。その場合はプラセンタ配合のサプリメントやドリンクなどを利用して、プラセンタを補給していくといいでしょう。また、栄養バランスのとれた食生活や規則正しい生活を心がけることも重要です。さらに、美肌効果を持続させるためには、毎日のスキンケアをきちんと行なうことも忘れずに。プラセンタ注射の美肌効果の持続時間を少しでも長くするためには、イオン導入やピーリング、フォトRFなどの治療を併せて行うのも一つの方法です。お肌の外部からもケアをすることで、プラセンタ注射の持続時間が長くなるということですね。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


新コンテンツ