プラセンタの治療方法

プラセンタの治療方法

.

プラセンタの治療はどのように方法で行うか?

注射

プラセンタの治療方法としては注射、点滴、内服薬、サプリメント、塗り薬などさまざまな方法がありますが、速効性のある注射においてプラセンタ治療を行っているクリニックや医療機関が多いようです。まず、問診を受け、どんな目的でプラセンタの治療を受けるのか、どのような状態なのかを話し、どんな方法が適しているか、通院できる場合は注射や点滴を、通院が困難な場合は内服薬を併せてプラセンタ治療を行うことが多いです。状態や希望にもよりますが、最初は週に2回くらい、その後状態に合わせて、週に1回くらい通院します。注射はおよそ1〜2分程度、点滴は15分〜20分程度、中には注射を2本使用する場合もあります。プラセンタの治療は1、2回で良くなるというものではないので、気長に、定期的に通院することが必要です。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


プラセンタの治療内容のいろいろ

治療

プラセンタの治療方法、治療内容はクリニックや医療機関によってさまざまです。注射も筋肉注射、皮下注射、静脈注射、関節内注射、ツボ注射などいろいろな方法があり、打つ場所も10箇所〜12箇所などに分けて打つ方法もあります。点滴もプラセンタのみならず、ニンニク点滴やビタミン点滴、アルファリポ酸点滴やアミノ酸点滴といった、状態に合わせて種類を選ぶことができるところもあります。注射や点滴ばかりでなく、化粧品や錠剤、カプセル、ドリンク、サプリメントにプラセンタを使用し、組み合わせた方法で治療を行うクリニックがほとんどです。長い期間、プラセンタ治療を行っても、副作用がないので安心して治療を続けることができます。ただ、慢性疾患意外では保険適用ではない場合が多いので、金額的には決して安くはないでしょう。


ページのトップへ ▲

老化抑制薬について

内服薬

不老長寿の薬として昔から愛用されてきたプラセンタ。一方、現代においては老化抑制薬が開発されています。ルーマニアにおいて誕生した老化抑制薬・ジェロビタール。治療方法は、注射と内服薬によって治療を行います。効果・効能は老化抑制酵素モノアミノオキシターゼを抑制し、アンチエイジング効果をもたらします。また、活性酵素濃度の低下、関節症、脊椎症、椎間板疾患、初期のリウマチの改善、パーキンソン病に関連した高緊張などに効くとされています。老化防止に対する研究・開発はあらゆるところで進んでいます。まだまだ未知のものであるプラセンタに関する研究に対する期待もふくらんでいます。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク


新コンテンツ