植物性のプラセンタとは

植物性のプラセンタとは

.

話題の植物性プラセンタ

美肌効果

一般的に植物性プラセンタと呼ばれているプラセンタは、植物のアロエ、クロレラ、カッコンエキスの天然成分を混合させてつくられた植物性成分のものが多いようです。胎盤から抽出されてつくられる動物性プラセンタとは異なるものです。植物性プラセンタは、アミノ酸やコラーゲン、ヒアルロン酸などが含まれ、動物性プラセンタと同じような効果、美白効果、弾力効果があるとされています。効果としては動物性プラセンタの方が高いといわれてはいますが、最近では、植物性プラセンタの原液や美容液、ローションといったスキンケア用品が数多く販売されています。動物性プラセンタよりもクセがなく、手に入りやすい植物性プラセンタ。その種類は様々です。効果に期待し過ぎず、自分の肌や身体に合ったものを選ぶことが大切です。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


植物性プラセンタと動物性プラセンタの違い

考える女性

もともとプラセンタの化粧品といえば、豚などの胎盤から抽出されたエキスを配合した動物性プラセンタのことでした。細胞の呼吸作用の促進や、皮膚組織の再生、新陳代謝、美白効果があるとされた成分が動物性プラセンタです。植物性プラセンタには、動物性プラセンタに含まれる成長因子が含まれていません。細胞の成長を促したり、増殖させたり、不要な細胞を除去し、細胞を適切な状態にするのが成長因子です。この成長因子が含まれていないことが、植物性プラセンタより動物性プラセンタの方が効果があるといわれている理由です。

しかし、アミノ酸やビタミン、ミネラルといった肌にいい成分によってつくられる植物性プラセンタに、美肌効果が期待されているのも事実です。


ページのトップへ ▲

SPF豚プラセンタとは

豚

さらに安全で効果のあるプラセンタとして最近注目されているのが、国産SPF豚プラセンタと呼ばれるプラセンタです。従来プラセンタは高温の殺菌によって安全性を高めていましたが、その過程においてプラセンタの成分までもが破壊されてしまうのです。国産SPF豚プラセンタは、日本SPF豚協会が定めた有害の病原菌をもたない豚から採取されたプラセンタのことです。有害な菌を持たない豚を育成し、その豚からプラセンタを採取。このプラセンタであれば、殺菌によって成分が破壊されることもなく、さらに安全性の高いプラセンタであるといえます。従来のプラセンタよりも3倍近くの効果があるともいわれています。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク


新コンテンツ