腰痛はプラセンタ注射で治る?

腰痛はプラセンタ注射で治る?

.

プラセンタ注射で腰痛が治る?

腰痛

腰痛には原因も種類もいろいろありますから、全てがプラセンタ注射だけで治るわけではありませんが、プラセンタ注射の働きは腰痛を緩和させるという効果があると言われています。プラセンタ注射には血行改善作用、細胞を活性化させて組織を修復し炎症を抑える働きがあります。これらの作用によって、腰痛が緩和するとされています。特に腰痛がひどい場合、ツボ打ち注射をすることが多いようです。このプラセンタのツボ打ち注射は打った直後に効果を感じる人も多いと言われています。また、プラセンタ注射を続けていくことで、血行が良くなるのでそれが原因で腰痛になっている人は腰痛に悩まされることも少なくなるでしょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


腰痛を治すツボ打ち注射

注射

ツボ打ちプラセンタ注射とは、腰痛に効くと言われているツボにプラセンタ注射を打つことで、ツボを刺激して得られる効果とプラセンタの働きによる効果の相乗効果をねらった方法です。細かい点はクリニックや医療機関によって異なりますが、1箇所、数箇所、または十数ヵ所のツボにプラセンタ注射をします。注射をするツボは相談で決める場合もあります。腰痛に効くと言われているツボばかりではなく、肩こりに効くと言われているツボや自律神経を安定させてくれるツボなど全身のツボに注射をする場合もあります。そうすることで血行が良くなり、炎症を抑えて腰痛を緩和させることができるのですね。


ページのトップへ ▲

さまざまな働きがあるプラセンタ注射で腰痛を治す

背骨

腰痛の原因は、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、骨粗しょう症、腰部脊柱管窄症や、腎臓結石、婦人科系の疾患、悪性腫瘍などさまざまです。プラセンタ注射は婦人家系の疾患を改善させる働きもあり、また、ツボ打ち注射をしていくことで内臓の働きを高める作用もあります。そういった働きが腰痛の原因を解消していくことで、腰痛の改善につながりますね。しかし、背骨や骨などに異常がある場合や病気などが原因で腰痛を引き起こしている場合は、まずそれらを治すことが必要です。腰痛を引き起こしている原因を確認し、その上でプラセンタ注射を続けていくことで、腰痛の予防や改善につながるでしょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


新コンテンツ