プラセンタ注射を1回するのに適切な量は?

プラセンタ注射を1回するのに適切な量は?

.

プラセンタ注射の1回の適切な量

適切な量

プラセンタ注射を1回するのに適切な量は、通常、100mgのアンプル2本(200mg)が適切とされています。プラセンタ注射の吸収率は100%で、それ以上量を増やしても効果に変わりはないと言われています。プラセンタ注射に含まれる有効成分は、細胞の表面にある受容体と呼ばれる鍵穴にはまって、細胞に取り込まれることで効果が出ると言われています。この受容体がすべて埋まってしまうと、それ以上は取り込まれなくなるので、それ以上の効果は見込めないということですね。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


2アンプル以上使うと効果的?

プラセンタ注射

プラセンタ注射の適切な量としては、1回に2アンプルが目安となっていますが、個人差もありますし、そのときの肌の状態や目的によって量の調節は可能です。中には2アンプル以上の量を使った方が効果が出る、というケースもあると言われています。ただし、全ての場合において1回の量が多ければそれだけ効果が出る、というわけではないので、専門の医師に任せしましょう。また、疲れがひどい時や体調が悪い場合は、その状態を医師に伝えること必ず伝えるようにしましょう。そうすることで、副作用などのリスクも避けることができ、効率的にプラセンタ注射の効果を出すことができると言われています。


ページのトップへ ▲

プラセンタ注射の量が少ないと効果がない?

プラセンタ注射の量が少ないからといって全く効果が出ないか、というと個人差がありますので必ずしもそうとは言えませんが、やはりより高い効果を期待するなら適切な量が必要でしょう。ただし、中には効果が実感できない、という場合もあるようです。考えられる理由としては、健康で体自体がプラセンタを必要としていない場合です。そんな時はプラセンタ注射を中断して、少し休んでからまた始めるといいでしょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


新コンテンツ