値段が安いプラセンタ注射とそのリスクについて

値段が安いプラセンタ注射とそのリスクについて

.

値段が安いプラセンタ注射のリスク

値段

プラセンタ注射は美容目的の場合、保険が適用されないので自由診療となり医療機関で値段を設定することができます。プラセンタ注射の料金相場は1回2,000〜9,000円程度。1アンプル1,000〜3,000円なので、2本使用すると大体それくらいの値段になります。この値段の違いは、使用するプラセンタの量や注射方法、医療機関やクリニックなどの経営費用が含まれる・含まれない、などといったことが考えられます。プラセンタそのものの値段は変わらないので、他の理由で料金が変わってくるのです。使用量や少ない、クリニックにおける衛生管理にお金をかけていない、などの理由があるとしたら、肌への効果や肌や体へのリスクも考えられるので、値段がやたらと安いプラセンタ注射については理由を聞いてみることが必要です。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


信頼できる医療機関でリスク回避

施術者の腕

プラセンタ注射に使う製剤は100%のものを使用するので、純度のリスクは考えにくいと思いますが、感染など衛生面においてもしっかりしていることは最低限の条件と考えましょう。プラセンタ製剤の取り扱いや管理、器具の管理などに問題があると他の病気にかかってしまうリスクが考えられます。また、施術者の腕も必要です。注射のあとが腫れたり、硬くなったりなどといったリスクは避けたいですね。値段が安いとうたっているクリニックにはそれらの管理にお金をかけていないから安くできる、ということも考えられます。そのようなリスクを避けるためにも、ネットの口コミなどで信頼できる医療機関で受けることをオススメします。


ページのトップへ ▲

値段が安いプラセンタ注射は避けるべき?

プラセンタ注射

値段が安いからといって高いプラセンタ注射を選ぶべきか、というと一概には言えません。プラセンタの使用する量が多い、プラセンタ以外の薬剤を併用している、広告費や経営費用などが料金に含まれている、などといった理由で値段が高くなる場合があるからです。また、表示されている値段には診察料や再診料が含まれていたり、含まれていなかったりすることも。表示価格の他に必要な費用がどれくらいあるか、などを確認したうえで判断するようにしましょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


新コンテンツ