妊婦がプラセンタ注射をしても大丈夫?

妊婦がプラセンタ注射をしても大丈夫?

.

妊婦に対するプラセンタ注射は禁止?

妊婦

プラセンタ注射は母体への影響や胎児への影響に対して毒性がないということが、試験によって確認されているため、妊婦でもプラセンタ注射は大丈夫と言われています。しかし、多くの病院やクリニックにおいては、妊婦へのプラセンタ注射は禁止しています。それは、妊娠中は通常の体調ではなく、また胎児へのリスクが全くない、とは言い切れないためです。また、妊娠中は胎盤が作られるため、プラセンタ注射は必要ないのでは?と考える人もいるようですが、妊娠初期は胎盤自体が作用しないため、プラセンタ注射のような働きはしないとされています。よってプラセンタ注射は妊婦にも効果があると言われています。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


妊婦に対するプラセンタ注射の危険性

肩こり

妊娠中にプラセンタ注射を行うことに対しての危険性にはどのようなことがあげられるでしょうか?一つは注射に対する危険ですね。注射をしたことで腫れや痛みなどが、ストレスになってしまうこともあります。妊娠中のストレスはできれば避けたいですよね。また、プラセンタ注射にはツボ注射といって、ツボにダイレクトにプラセンタ注射を行う方法です。この方法は、肩こりや疲労などの症状に効果的と言われていますが、妊婦にとっては刺激が強すぎるという声もあります。刺激によって胎児に思わぬ影響が出ては困りますので、注意した方がいいでしょう。


ページのトップへ ▲

妊婦でもプラセンタを取り入れる方法

医師と相談

美容や健康においてさまざまな効果があると言われるプラセンタ注射は、妊娠中の身体的、精神的な改善にも役立つものです。肩こりや腰痛の改善、体力の回復、疲労回復、栄養補給、足などのむくみの改善など、妊婦にとって特に改善したいものですね。しかし、プラセンタ注射へのリスクも心配。それなら、注射ではなく、サプリメントや内服、塗布などの方法であれば、注射のリスクは避けられますね。どうしてもプラセンタ注射を希望する場合は、回数や注射の部位などできるだけリスクの少ない方法でできるかどうかを医師に相談してみましょう。どちらにしても、妊娠中のプラセンタの摂取に関しては、医師と相談して行うようにしましょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


新コンテンツ