プラセンタ注射は痛い?痛みがともなうのはイヤなんだけど

プラセンタ注射は痛い?痛みがともなうのはイヤなんだけど

.

痛みをともなうプラセンタ注射

注射

プラセンタ注射は注射によってはいないに直接プラセンタを注入する方法ですから、どうしても注射の痛みはともないます。もちろん、痛みを感じるのは個人差がありますし、注射をしてくれる人や、注射をうつ場所にもよりますが、注射の痛みはともなうものです。プラセンタ注射には皮下注射と筋肉注射があります。これはクリニックなど医療機関によっても違い、痛みにも違いがあります。どちらかというと、筋肉注射の方が痛いと感じる人が多いようです。また、筋肉注射と皮下注射には効果にも違いがあると言われています。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


皮下注射と筋肉注射の違い

人間の皮膚は表面から、表皮、真皮、皮下組織、筋層という構造になっています。皮下注射は皮下組織内にプラセンタを注入するもので、筋肉注射は筋層に注入します。プラセンタの吸収が速やかで持続性があるのは、筋肉注射です。ただし、筋肉の方が皮下組織よりも毛細血管が多く、また薬剤の量も多く注射できるからです。ただし、痛みが強いのも筋肉注射です。しかし、注射の痛みはうつ場所によっても違いがあります。


ページのトップへ ▲

プラセンタ注射はお尻にうつと痛くない?

お尻

筋肉注射の場合、肩の筋肉や太もも前面の筋肉、お尻の筋肉にうつことが多いです。まとまった筋肉があって太い血管や神経が通っていないところを選ぶそうです。女性の場合は肩よりもお尻のほうが筋肉が発達しているので、お尻に注射されることが多いようです。皮下注射は腕にうちますね。人によるとは思いますが、痛みを感じやすいのは皮膚にやわらかい場所ほど痛みを感じると言われています。できるだけ強い痛みを感じなくてすむ場所はお尻かもしれませんね。または点滴という方法もあります。点滴の方が腕やお尻にうつプラセンタ注射よりは、痛みは少なくてすむようです。方法は医療機関によってさまざまなので、痛みに弱い人は相談をしてみましょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


新コンテンツ