プラセンタ注射にはどんな副作用があるの?

プラセンタ注射にはどんな副作用があるの?

.

プラセンタ注射の副作用

かゆみ

副作用はほとんどないと言われているプラセンタ注射ですが、考えられる副作用や注意したい副作用があります。まず注意したいのはアレルギー体質の人。プラセンタ注射を行うと、拒絶反応としてかゆみや発疹などが出ることがあります。アレルギー体質でない人も注射をした部分に発疹が出たり、硬くなったり、腕がだるくなったり、便がやわらかくなったり、発熱したりすることも考えられます。また、生理が早まったり、生理の出血の量が増えたりするという副作用も考えられます。このような副作用はプラセンタ注射を継続していくうちに元に戻ることがほとんどです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


プラセンタ注射で肌荒れ?

肌荒れ

プラセンタ注射を打ち始めたときに、一時的に肌荒れのような症状が出ることがあります。それは副作用ではなく、瞑眩(めんげん)反応、好転反応の場合があります。プラセンタ注射をすることで、新陳代謝がよくなり肌が今までと違い正常に働き始めた証拠です。副作用でなければ、症状はさらに悪化することはなく、改善していくでしょう。しかし、症状が悪化していく場合は副作用である可能性もありますので、医師に相談しましょう。


ページのトップへ ▲

副作用を出さないために

副作用はほとんどないと言われるプラセンタ注射ですが、体調がひどく悪かったり、なんらかの薬を服用している場合は注意が必要です。他にもサプリメントや健康食品などを摂取している場合も副作用が出やすくなることもあります。プラセンタ注射をする際には、服用している薬などについて医師に報告しましょう。もし、プラセンタ注射を受けて体調に変化があった場合は、すぐに医師に相談するようにしましょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


新コンテンツ