顔へのプラセンタ注射は危険?

顔へのプラセンタ注射は危険?

.

顔へのプラセンタ注射の危険性

注射

美容形成外科などでは顔に対するシミやしわとり、脂肪吸引など、顔に対する施術はよく聞きます。同様にプラセンタを顔に注射するプラセンタ注射治療があります。プラセンタを顔に直接注射することによって、顔のたるみやしわ、シミなどをなくします。プラセンタ注射のプラセンタ効果により、肌の血行もよくなり、目の下のクマをとる効果もあります。プラセンタ注射は1回でよくなるというよりは、持続して通院し、肌の改善を目的としています。細い針を使用するので危険性は少ないと思われますが、注射の後は少し腫れたり、赤くなったりするようです。しかしプラセンタ注射の危険性は少なく、腫れや赤みはすぐとれるようです。顔へのプラセンタ注射の危険性はほとんどいわれてはいないようですが、国内で行っているクリニックや医療機関は多くありません。また、皮膚の状態が悪いときは、顔へのプラセンタ注射は危険を回避するためにも止めた方がいいでしょう。それだけ、顔というデリケートな部分への注射なので、プラセンタ注射をするドクターの腕や経験が必要となってくるのです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


顔へのヒアルロン酸注射の危険性

顔

プラセンタ注射と同様、顔のしわを改善するために、ヒアルロン酸を注射する治療があります。目尻やおでこ、眉間、ほうれい線などにヒアルロン酸を注射すると、しわが目立たなくなします。半年から1年くらい経つともとにもどってしまうので、繰り返しヒアルロン酸を注射します。また、鼻筋や顔のこけた部分などにヒアルロン酸を注射して、ふっくらさせたりする整形もあります。コラーゲン注射はアレルギー反応を起こすことがあり危険をともないますが、ヒアルロン酸は半年から1年で体内に吸収されてしまうので、危険が少ないのです。また、ヒアルロン酸は関節痛の治療にも役立っています、ヒアルロン酸を関節内に注射して、減少したヒアルロン酸を補うものです。


ページのトップへ ▲

プラセンタに含まれるヒアルロン酸とは?

美肌効果

プラセンタの成分にも含まれるヒアルロン酸とは、どんな成分なのでしょうか?ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種で、保湿・保水力が極めて高い成分です。その保湿・保水力が、お肌のうるおいに効果があるのです。体内の水分量は40台後半から減少するといわれ肌は危険な状態に。理由の一つはヒアルロン酸が体内で減少するためです。水分がなくなると、肌に必要な栄養分も細胞にいかなくなります。ヒアルロン酸の水分をたくわえる力はとても大きなもの。しかしなかなか食事などから摂取するのは難しいとされています。ヒアルロン酸を含むプラセンタの摂取は、美肌への第一歩ともいえるでしょう。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク


新コンテンツ