プラセンタ注射をすると献血ができなくなるって本当?

プラセンタ注射をすると献血ができなくなるって本当?

.

プラセンタ注射をすると献血はできなくなる

献血

過去にプラセンタ注射を使用したことがある場合、献血はできなくなります。プラセンタ利用者の献血が禁止されたのは、2006年10月からです。それはvCJD(変異型クロイツフェルト・ヤコブ病)という病気のリスクを考えての対応です。プラセンタ注射は安全性の高いものであることは認められていますし、感染症があったという報告は国内でも海外でもありません。しかし輸血による感染のリスクがないとは言い切れず、日本赤十字社ではvCJD献血時に慎重な対応をするために、このような予防的対応をしているということです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


vCJD(変異型クロイツフェルト・ヤコブ病)とは?

めまい

vCJD(変異型クロイツフェルト・ヤコブ病)とは異常なプリオンというタンパクの増殖によって引き起こされる病気で、脳組織が著しく海綿状になってしまう疾患です。めまいや立ちくらみ、歩行困難などの症状を引き起こし、短期間で目が見えなくなり、言葉が話せなくなり、字が書けなくなるなどの痴呆状態になってしまいます。多くは1年も経たないうちに寝たきりになり、死に至るという恐ろしい病気です。一般には100万人に1人の割合で発症すると言われ、一度発症すると現代の医学では治療法がなく、確実に死に至るという病気です。現在、検査の方法については世界的に研究がなされていますが、まだ検査ができる段階ではありません。この検査が可能になる日まで、プラセンタ注射を利用した人は、献血をすることはできないのです。


ページのトップへ ▲

献血ができないのは注射のみ

注射

献血をすることができないのは、プラセンタ注射のみです。プラセンタ配合のサプリメントや健康食品、ドリンク剤、化粧品、内服薬などは対象外となります。これらに使用されているプラセンタの原料はヒト胎盤ではなくブタなどの胎盤から抽出したものが多く、また、筋肉注射や皮下注射よりも、感染するリスクが小さいと考えられているからです。「やはり注射は危険?」と心配になってしまう人もいるかもしれませんが、現在ヤコブ病や狂牛病といった例は日本人女性にはなく、感染は30年かかると言われ10ヵ月しか母体にいない胎盤に感染するというリスクはほとんど考えられません。しかし、100%安全ということは理論上言えないものです。安全性が高く、さまざまな効果があると言われているプラセンタ注射ですが、献血ができなくなるということは念頭においておきましょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


新コンテンツ