プラセンタ注射は医療費控除を受けられる?

プラセンタ注射は医療費控除を受けられる?

.

プラセンタ注射での治療は医療費控除を受けられる?

医師が治療

プラセンタ注射での治療で保険適用となる、肝炎、肝硬変、肝機能障害、更年期障害、乳汁分泌不全に対しては医療費控除を受けられますが、この他の疾患に関する治療においても、美容目的でない場合は医療費控除が受けられる場合があります。残念ですが、シミやソバカス、シワなどの改善、美白、美肌、アンチエイジングなどの美容目的でプラセンタ注射を行った場合は、医療費控除は受けられません。プラセンタ注射で医療費控除を受けられるのは、医師が治療が必要だと判断した場合のみです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


医療費控除を受けられるのはどんな治療?

医療機関

プラセンタ注射での治療で医療費控除を受けられるもので、一つは不妊治療があります。生理不順などの治療も医療費控除の対象になるでしょう。また、アトピー性皮膚炎もプラセンタ注射での治療が必要だと判断した場合には、医療費控除の対象になります。また、気管支喘息、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、歯肉炎や歯槽膿漏、関節炎などの歯や口腔面における治療などにプラセンタ注射を用いた場合も、医療費控除を受けられるでしょう。詳細は医療機関や税務署に確認しましょう。


ページのトップへ ▲

医療費控除を受ける際の注意

医療費控除は1年間に医療機関に支払った医療費用の合計金額が200万円までの中で、10万円を超える部分について控除・還付されるものです。プラセンタ注射は定められた疾患以外は自由診療になります。あまり高額な治療は医療費控除を受けられない場合もあるので、注意しましょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


新コンテンツ