プラセンタの副作用

プラセンタの副作用

.

副作用はほとんどないプラセンタ

カウンセリング

古くから使用されているプラセンタですが、かつて副作用で問題になったことは1度もないといわれています。それだけ効果はマイルドで身体に優しいともいえるプラセンタですが、プラセンタ注射によって身体に少なくとも刺激を与えるわけですから、100%副作用はありませんとはいえないでしょう。軽微な副作用として注射した箇所のかゆみ、腕が重く感じる程度のことはあり得るでしょう。これらは半日くらいでおさまるようです。しかし、体調やプラセンタの種類などによっては、副作用とまではいえなくても身体に変調をきたすこともあることも考え、治療を行う際には、必ず相談をしたうえで自分に合った方法でプラセンタをとりいれましょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


実際にある副作用

アレルギー

プラセンタには副作用はほとんどないといわれていますが、アレルギーやアトピーなどに対しての注射の中には副作用を引き起こす事例もあります。症状としては、発疹、発疹による呼吸困難、ショック症状、過敏症、嘔吐、めまいなどの症状があります。注射に混入されるビタミンは水溶性で過剰に摂取しても尿になって流れてしまうので、副作用はないとされています。副作用が起こってしまう前に、プラセンタ注射やニンニク注射、ビタミン注射についてどういった効果があるのか、どんな作用があるのかをよく知っておくことが大切です。


ページのトップへ ▲

インターフェロンの副作用

頭痛

C型慢性肝炎という病気を知っている方も多いのではないでしょうか。肝炎を起こすウィルスの感染で6ヵ月以上肝臓の炎症が続き、細胞が破壊され肝臓の働きが悪くなる病気です。放置しておくと肝硬変や汗がんを引き起こすといわれています。このC型慢性肝炎の治療法としてウィルスの増殖を抑えるインターフェロンを使用する治療法がとられてきました。しかしこのインターフェロンは副作用がひどく、発熱、倦怠感、悪寒、頭痛、うつなどの症状を訴える患者さんが多かったのです。近年においてはインターフェロンも改良され副作用も軽くなり、リバビリンという薬との併用でウィルスの増殖を抑える効果がかなりあがりました。こういった中で、副作用のないプラセンタを併用して治療を行う医療機関も出てきています。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク


新コンテンツ