プラセンタ注射の方法(点滴)

プラセンタ注射の方法(点滴)

.

プラセンタ注射と点滴

注射

直接体内にプラセンタを投与するプラセンタ注射。この方法は速効性があるとされていますが、より疲れがひどい場合などには点滴を用いてプラセンタを投与する方法があります。プラセンタ注射と同じく、プラセンタのみのプラセンタ点滴の他に、さまざまなビタミンを混合させた総合ビタミン点滴や、体の組織を作る原材料となるアミノ酸を使用したアミノ酸点滴などもあります。プラセンタ注射や点滴といった方法には、疲れやだるさを取り除く他、美肌効果、老化防止、肩こりや腰痛の改善などに効果があります。プラセンタ注射は1〜2分ですが、点滴の場合は15分から20分程度のところが多いようです。価格もプラセンタ注射が2000円〜3000円で、点滴はその倍くらいの価格のところが多いです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


プラセンタ注射の種類

カウンセリング

注射には、皮内注射、皮下注射、筋肉注射、静脈注射などがあります。皮内注射は皮膚組織の中に薬を注射する方法です。ツベルクリン反応やワクチン注射などがそうです。皮下注射は皮膚と筋肉の間の皮下組織に薬を注射する方法です。予防注射やインスリン投与などで用いられる方法です。筋肉注射とは、筋肉内に薬を注射し、それが毛細血管から血液に吸収され作用することを目的に用いられる方法です。筋肉注射は一般的によく使用される方法で、皮下組織よりも薬の吸収が速やかで時間的にも作用が持続します。静脈注射は、静脈内に薬を直接注射することで、身体に急速な作用を目的に用いられる方法です。筋肉注射よりも短時間に薬の効果が期待できる方法です。プラセンタ注射を行っているクリニックや医療機関においてはそれぞれ方法が違いますので、よく確認をしてから処方してもらいましょう。


ページのトップへ ▲

プラセンタ注射をツボに

美容と健康

プラセンタ注射や点滴を行うクリニックや医療機関も増える中で、ツボにプラセンタ注射薬を投与する方法をとっているところもあります。ツボを刺激することで、血行をよくし、血液の循環を改善、さらに鎮痛、鎮静効果で痛みを取り除き内蔵の機能を高めるという効果がのぞめるようです。ツボ療法と同じ針の刺激と、プラセンタ注射薬の効果、両方の作用があり、肩こり、腰痛、足のむくみ、冷え、美容などに効果があります。直接体内に取り入れる注射や点滴。自分の目的や体の状態をよく相談して、自分に1番合った方法でプラセンタ注射や点滴を行うようにしましょう。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク


新コンテンツ