プラセンタ注射の頻度(間隔)はどれくらいが適切?

プラセンタ注射の頻度(間隔)はどれくらいが適切?

.

持続性の短いプラセンタ注射

プラセンタ注射

プラセンタ注射の頻度(間隔)は最初の1ヵ月は週に2回、2ヵ月目以降は週に1回の頻度で注射するのが理想的とされています。サプリメントなどから摂取するよりも効果が出やすいと言われているプラセンタ注射ですが、その持続性は1回の注射で2〜3日とされていて、他の美容注射と比べると短いとされています。それはプラセンタの中に含まれるアミノ酸の力によるもので、それが細胞に働きかけ細胞を活性化させていくのですが、体内には1〜2日くらいしか存在しません。よってプラセンタ注射の頻度としては、最初の1ヵ月は週に2回、2ヵ月目以降は週に1回の頻度で継続して注射するのが適切です。 1ヵ月目と2ヵ月目以降の間隔が異なるのは、継続して注射をしていくことで、持続時間が延びていくからです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


細胞に働きかけるプラセンタ注射

美肌効果

プラセンタ注射は継続して行うことが理想です。なぜなら、継続することで、プラセンタの効果の持続時間が延びていくからです。それは、プラセンタが肌の細胞に働きかけているためです。細胞レベルから活性化させ体中の機能を回復させ、新陳代謝を促し、美肌へと導いていきます。 最初は1週間に1回の注射が適切とされていますが、1ヵ月もすると持続する時間が2〜3時間から1週間程度にまで延びるそうです。さらに継続していくことで、3週間に1回の間隔でも美肌効果が出ると言われています。 美肌効果意外の目的の場合は、適切な頻度は異なることがあります。 例えば更年期障害の治療などにおいては、1週間に3回程度注射を行うのが適切のようです。症状や目的などによって適切なプラセンタ注射の頻度は異なるので、医師とよく相談してみましょう。


ページのトップへ ▲

プラセンタ注射は定期的に

スキンケア

プラセンタ注射を適切な頻度で行い、肌にハリや弾力が生まれシミやシワが改善されたとしても、紫外線対策を怠ったり不規則な生活をしていては、プラセンタ注射の効果が半減してしまいます。また、プラセンタ注射の持続性が高まり、注射を行う間隔が長くなったとしても、注射をやめてしまってはまた元に戻ってしまいます。プラセンタ注射は定期的に行うことが大切です。 プラセンタ注射を定期的に行い、美肌に対するスキンケアを怠らず、規則正しい生活をすることで効果がきちんと出るのです。更年期障害や肝臓の治療に対しても同じこと。注射だけに頼るのではなく、規則正しい生活を心がけ、健康な体づくりを併せて行うことが大切です。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

新コンテンツ