プラセンタ注射とは

プラセンタ注射とは

.

プラセンタ注射を取り入れる前に

注射

日本でプラセンタ療法が始まった当時は、麻酔をし皮膚を切開してプラセンタを埋め込むという方法がとられていました。プラセンタの研究・開発が進んだ現在、より安全で身体に負担の少ない方法としてプラセンタ注射が主流となっています。プラセンタを直接体内に取り入れることによって、サプリメントやドリンクなどよりも速効性があるとされています。プラセンタ注射はクリニックや病院などで行うものなので、自分の判断で使用するリスクもなく、医師の指示やアドバイスによって安全にプラセンタを取り入れることができます。

しかし、プラセンタが注目されている今、プラセンタ注射を行っているクリニックなどが増えていますが、全てが安全だとは限りません。自分の身体のペースに合わせて、プラセンタ注射を行ってくれる、的確で親切なアドバイスをしてくれるクリニックや病院を選ぶことが大切です。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


プラセンタ注射の価格

費用

プラセンタ注射に費用はいくらぐらいかかるものでしょうか?クリニックや病院によって価格は様々ですが、1回につき2000円程度のところが多いようです。中には3000円〜5000円のところもありますので、価格についてはきちんと確認しましょう。また、この他にニンニク注射というものや、点滴もあります。それぞれ価格はニンニク注射はプラセンタ注射と同じくらいで点滴は5000円から15000円くらいです。また、プラセンタ注射は、1回行っただけで効果がでるものではありません。プラセンタ注射による治療内容や、身体の具合にもよりますが、週1〜2回くらいを目安に通うことが多いようです。その後は身体の状態を見ながら自分に合わせた治療、プラセンタ注射だけでなく、内服薬などを使用したりするなどして治療を続けていくのがいいでしょう。


ページのトップへ ▲

ニンニク注射とは?

スポーツ

スポーツ選手などが使用していることで有名なニンニク注射。これは本当にニンニクが入っているわけではなく、ビタミンB群(B1やB2など)やビタミンC群が入った注射のことで注射する際にニンニクのにおいがすることから、こう呼ばれています。ニンニク注射は疲労回復、倦怠感といった症状に効くとされ、プラセンタ注射と同様、食事やサプリメントより速効性があるので、最近特にスポーツ選手やハードな仕事をしている人に人気があるようです。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク


新コンテンツ