プラセンタの安全性と危険性

プラセンタの安全性と危険性

.

危険性の少ないプラセンタ

カウンセリング

肝機能の改善の治療にラエンネック、更年期障害の治療にメルスモンという2つのプラセンタは健康保険適用薬として使用されてきました。メルスモンは厚生省の認可を得てから半世紀近くが経っていて、そのことはプラセンタの安全性を示しているともいえるでしょう。効果が緩やかで結果がすぐでないともいわれていますが、副作用がないことでも有名なのがプラセンタの特長です。危険性は少ないといっていいでしょう。しかし、どの成分にも全く危険性がないとはいえません。人間の身体は様々で、プラセンタなどを服用したり、摂取する時の体調にも左右されます。安全性は認められているプラセンタではありますが、摂取したり、治療したりする場合は用法や量を守り、または医師の指導をよく守ることが危険性を回避する方法の一つです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク


ラエンネックとメルスモンの安全性

安全対策

プラセンタの安全性を確証する理由の一つにはメルスモンは国内の、感染のないヒト胎盤を原料としていることがあります。多種のアミノ酸を含有し、感染症に対する安全対策をしっかりとしています。今まで、細菌やウィルスによる感染の報告もないこともプラセンタの安全性を示しています。ラエンネックも日本国内で採取されるヒトプラセンタを原料として製造され、梅毒や結核、淋病、B型肝炎、C型肝炎、エイズなどの汚染がないことを確認され、危険性を排除したうえで出荷されています。

しかし、発疹や発熱、ショック症状などの危険性も全くないとはいえません。しかしながらプラセンタは副作用もなく、その安全性も高いことは明らかですが、未知のウィルスなどの危険性を完全に取り除くことは難しいとされていますが、これまでにプラセンタによる死亡事故などの報告はありません。


ページのトップへ ▲

安全性を追求するなら

考える女性

副作用がないことで知られているプラセンタですが、あるとすればアレルギー性の副作用の危険性です。ただ、これは普通の人にとっては何でもないことでも、一部の人にとってはアレルギーとなって出てしまうといった類のものです。もし、身体に合わないと思ったら使用することを止めるか、または違う種類のプラセンタを使用することをおすすめします。最近では、国産SPF豚プラセンタというプラセンタが人気のようです。このプラセンタは従来のものより安全性に優れ、プラセンタの副作用も少ないといわれています。

プラセンタには様々な種類のものがあります。自分に合ったプラセンタを見つけることが安全性を保つ最良の方法だといえるでしょう。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク


新コンテンツ